結婚相談所で安全にパートナー探しをするために設けられているルールって?

入会時に提出する書類のこと

結婚相談所は、高収入の男性と確実に、無駄なく出会うためのツールとして活用されるようになりました。女性会員は高収入でちゃんとした学歴の男性と、結婚前提に付き合うための場所として入会しているわけですが、もし経歴を詐称している人が紛れ込んでいたら困りますよね。結婚相談所の信頼問題にもなります。そこで、男性会員は卒業証明書や、源泉徴収書などの提出を義務付けることで、嘘をついていない人だけを入会させるようにしているんですよ。

交際上のルールとは?

結婚相談所がセッティングしたお見合いでお互いが好印象だった場合は、お付き合いをすることになります。お互い結婚相手を真剣に探しているわけですし、婚活市場での自分の価値は日々変動していきますから、ただダラダラと交際をするのではなく、付き合って三か月くらいから成婚するかどうかを検討することになります。そして、基本的にお付き合いは自由にしていいのですが、成婚前に関係を深めすぎることを禁止している結婚相談所も少なくありません。

女性会員の為なんです!

結婚相談所のメインの利用者層を考えると、大人の男女が付き合うのだから婚前交渉を禁止するのは厳しすぎるのでは?と思う人もいますよね。でも、これは女性会員を守るために必要な措置でもあるんです。恋愛関係を進めたいのは分かりますが、その結果男性会員と連絡が取れなくなってしまったというトラブルを防ぐためにも大切なのです。中にはこのルールを破ってしまった時点で、成婚とみなしてしまうという結婚相談所もあるそうですよ。これくらい厳しい方が安心して交際できるのかもしれませんね。

結婚相談所なら大阪にあるので結婚願望があっても結婚できないでいるという人は結婚について相談に乗ってもらいます。